罰則付き受動喫煙対策、飲食店業界などから反対相次ぐ

       
政府が罰則付き受動喫煙対策を検討

罰則付き受動喫煙対策、飲食店業界などから反対相次ぐ
政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて「罰則付きの受動喫煙対策」を検討しています。
受動喫煙については、国立がん研究センターが「受動喫煙による肺がんリスクは科学的に明確な結論」との見解を示しており、世界的にも「たばこ規制枠組条約(FCTC)」などによって世界共通の問題として対策が進められてきました。

受動喫煙による「疾病リスク」はすでに科学的に明確に立証されています。
たばこの煙にさらされることにより健康に被害が及ぶ事実を社会全体で強く認識のうえ、公共の場や職場での「屋内全面禁煙」の法制化など、「たばこ規制枠組条約」が推奨する受動喫煙防止策を実施することが急務です。

意見聴取では飲食店業界などから反対が相次ぐ結果に

現在、厚生労働省は、医療機関に対しては最も厳格な「敷地内禁煙」を、官公庁や大学に対しては「建物内禁煙」を、飲食店などのサービス業に対しては喫煙室の設置が可能な「原則建物内禁煙」を、それぞれ規定する法制化のためのアウトラインを示しています。
これに関連して政府の検討チームが対象業界団体から意見聴取を始めたところ、ビジネスホテル業界や消費者団体は賛成の方向であったのに対し、飲食店業界などからは反対が相次ぎました。

たとえば、ファミリーレストランや居酒屋が加盟する日本フードサービス協会は「売り上げ不振による撤退、閉店、雇用減少などを招く」と反発しており、全国麻雀業組合総連合会は「麻雀店の存続にかかわる」などと抵抗しています。
また、日本私立大学団体連合会は「喫煙室を外に移すと費用がかかる」として、経営の圧迫を主張するとともに実施の猶予と費用の援助を求め、さらに、病院団体である「四病院団体協議会」は「医療機関だけ敷地内禁煙は違和感がある」としたうえ、「長期療養病床は患者の生活の場」であるとして、屋外において喫煙場を設置できるよう「敷地内禁煙」の例外的措置を求めています。


ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「心理学」のニュース

次に読みたい関連記事「心理学」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。