改正道路交通法で高齢者の運転はどう変わる?

改正道路交通法で高齢者の運転はどう変わる?
拡大する(全1枚)
改正道路交通法で高齢者の運転はどうなる?

改正道路交通法で高齢者の運転はどう変わる?の画像はこちら >>
平成29年3月17日から改正道路交通法が施行されます。
この改正道路交通法では75歳以上の高齢者の運転に関する内容が大幅に変更となりました。

1) 臨時認知機能検査・臨時高齢者講習
改正前は3年に1度の免許証の更新のときだけ受けることとされていた認知機能検査について、一定の違反行為があれば、3年を待たずに受けることになります。
75歳以上の運転者が、一定の違反行為(信号無視、通行区分違反、一時不停止等)をした場合、新設された「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。
臨時認知機能検査の結果、認知症のおそれがあると判定された方は臨時適性検査(医師の診断)を受け、または、命令に従い、主治医等の診断書を提出しなければなりません。
医師の診断の結果、認知症と判断されたされた場合は、運転免許の取消等の対象となります。
認知機能検査の結果が悪くなっている場合には「臨時高齢者講習」(実車指導1時間、個別指導1時間、合計2時間)を受けなければなりません。

2) 臨時適性検査制度の見直し
改正前と異なり、運転免許証を更新する際、認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された75歳以上の方は、違反の有無を問わず、医師の診断を受けることになります。
「認知症のおそれがある」と判定された場合は1)と同様の措置がとられ、認知症と判断された場合は、運転免許の取消の対象となります。

運転に代わる足についての議論が必要

当時の記事を読む

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。