大学無償化 財源の壁をどう乗り越える?

大学無償化に向けての動き

大学無償化 財源の壁をどう乗り越える?
自民党は、大学など高等教育の授業料を無償化するための財源として、使途を教育に限定した「教育国債」を発行する検討を始めました。
世界的な流れを見ても、国民教育の無償化は当然の方向になりつつあります。
子どもの貧困を始め、教育の格差が取りざたされている日本においても、安心して教育が受けられる環境を創ることは急務と言わざるを得ません。
「希望すれば誰でも大学に行ける」そのような教育環境が整えば実にすばらしいことだと思います。

現在でも公立の小学校・中学校は無償であり、高校も所得制限はあるものの原則無償といえます。
大学等においても、給付型の奨学金制度を2017年度より先行実施する予定になっています。
国立大学といえども現行の授業料負担は学生および家計に重くのしかかっている現状を考えると、大学などの高等教育の無償化が実現すれば、その恩恵は計り知れないものになるでしょう。

大学無償化に向けての問題点

そこで問題となるのが、「大学などの高等教育を無償化するためにはどうすればよいか」 「毎年5兆円規模とも言われる教育全体を支える財源を確保するためにはどうすればよいのか」ということです。
政府は財源の確保のために「教育国債」の発行を考えているようですが、はたしてそれでよいのでしょうか。
また、授業料を無償化することで教育改革は実現できるのでしょうか。

今の日本の教育が抱えている問題は、授業料が無料になればすべて解決できるような
甘いものではありません。
本来の教育改革の目的を考えれば、グローバル化社会に向けて、教育現場での取り組み方をどうするかを最優先に検討するべきです。
教育改革を実現するには、公立・私立などの学校現場がどうあるべきかだけの問題にとどまらず、家庭・地域・社会を巻き込んだ教育全体のフレームワークづくりを抜きにしては語ることが出来ません。
その為の財源確保もこの機会にしっかり確保するべきでしょう。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。