今話題の教育勅語を考える

教育勅語とは

今話題の教育勅語を考える
教育勅語は、1890年に発表された勅語(天皇の言葉)です。
第2次世界大戦前の日本の道徳教育の中心で、正式には「教育ニ関スル勅語」と言います。
大まかな中身は、親孝行など道徳を尊重する意見を天皇が国民に語りかける、道徳教育の主張です。

最近この教育勅語の学校現場での扱いについて、政府の答弁書が決定されました。
明確にされたのが「わが国に教育の唯一の根本とするような指導を行うことは不適切」という立場です。
同時に「憲法や教育基本法などに反しないような形で教材として用いることまでは否定されない」との見解も示されています。
ただ、この教育勅語、戦後の1948年に衆参両院が「排除」と「失効確認」をそれぞれ決議しており、その評価についても批判的なものと肯定的なものが混在している状態です。

教育勅語に対する批判的な評価と肯定的な評価について

批判的な評価の根拠として、一つ目に第2次世界大戦末期に過剰な神聖化されたことから、教育勅語は思想や良心の自由を否定しているものである、ということが挙げられます。
二つ目に軍人の規律を説く軍人勅諭と同列のもので、軍事教育や軍国主義につながるのではないかという懸念があります。
特にGHQによる占領統治時代に連合国軍によって教育勅語が廃止されたのは、表向きはこの理由からとも言われています。
三つ目に根本的理念が主権在君並び神話的国体観に基づいている事実は、明らかに基本的人権を損ない、かつ國際信義に対して疑点を残している、などが挙がっています。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。