衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?

衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?
拡大する(全1枚)

衆議院解散権は誰の権限?大義は必要?の画像はこちら >>

衆議院の解散権を有しているのは「内閣」であり、内閣総理大臣ではない

憲法第69条は、「内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は新任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。」と定めております。この規定に基づいて10日以内に衆議院が解散されたとしても、憲法第70条が「衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときは、内閣は、総辞職をしなければならない。」と定めているのですから、衆議院の信任を失った内閣は一旦は消滅する運命にあること、裏を返せば、内閣は衆議院の信任に依拠していることを示しています。

また、憲法第7条は、政治的権能を有しない天皇が「内閣の助言と承認」により国事行為を行うものとされており、国事行為の中に「衆議院を解散すること」も列挙されていることから、衆議院を解散する実質的な権限を有しているのは内閣であると言われています。

いずれにしても、衆議院の解散権を有しているのは、「内閣」であって「内閣総理大臣」ではありません。政治家やメディアにおいて、しばしば「衆議院の解散は内閣総理大臣の専権事項」と説明されているのは、実は誤りです。

内閣による解散権の行使は自由に行えるものなのか?

ところで、衆議院の解散は、憲法第69条の場合に限定されません。総選挙を通じて国政上の重大な問題について民意を確かめるため解散制度を利用することは、民主主義に適うものとして、限定すべき理由がないからです。その意味で、内閣に衆議院の解散権を認めることは、是というほかありません。憲法典上、この点について明示的に規定した条項が見当たらないため、憲法に欠陥があるとの指摘もありますが、大きな問題とはされてはいません。


当時の記事を読む

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク