コンビニの24時間営業は廃止できても、24時間作業廃止は難しい?

コンビニの24時間営業は廃止できても、24時間作業廃止は難しい?

コンビニの24時間営業は廃止できても、24時間作業廃止は難しい?の画像はこちら >>

コンビニは24時間営業をやめても深夜にしかできない作業がある

コンビニエンスストア大手のファミリーマートが24時間営業の廃止を検討しています。ファミリーレストラン等の外食産業では、すでに深夜の時間帯の営業中止が広まっていますが、いずれも「人手不足」が大きい原因となっています。

普通に考えれば、「深夜なんてどうせ利用客が少なくて暇なのだから営業しなくたっていいだろう」というのが一般的な意見だと思います。しかし、深夜のコンビニでは深夜にしかできない仕事(作業)がたくさんあります。

私は、長年大きなスーパーに勤務していました。店の規模こそコンビニとは違いますが、コンビニで販売している食品や日用消耗品には、衣料品や住居商品にはない作業が大量に発生します。

先ず、入荷した商品の陳列です。衣料品や住居商品の何倍も商品が回転(入れ替わり)します。棚には売れた分だけ商品を補充しなければなりません。しかも、ただ並べればいいのではなく、商品の陳列には「先入れ先出し」という大原則があります。先に入荷した商品を前に、後から入荷した商品を後ろに並べないと賞味期限が短い商品がずっと在庫として残ってしまいます。通路いっぱいに段ボールを広げて行うこの陳列作業は、利用客が多い昼間の時間よりも深夜に行うほうがはるかに効率的ですし、利用客の買い物のじゃまになりません。

また、お弁当やお惣菜、パン等には消費期限があり、消費期限が切れたものは廃棄(捨てる)処理をしなくてはなりません。捨てると言っても、ただごみ箱に放り込めばいいだけではなく、在庫数や金額の変更管理などの事務処理も発生します。


当時の記事を読む

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。