「明日ママ」子ども偏見被害の責任は?

 フィクションでも社会的差別や偏見を助長することは許されない

「明日ママ」子ども偏見被害の責任は?
ドラマは所詮はフィクションであり、虚構の世界です。番組の最後に「このドラマはフィクションであり、実在の人物・団体とは何の関係もありません」という趣旨のテロップが流れます。フィクションなのですから、多少の誇張やデフォルメはむしろ当然とすら言えるでしょう。実際、「そんなアホなぁ!」と呆れてしまうお話だってドラマには登場します。

しかし、「フィクションだから何でもOK」というわけではありません。ドラマの脚本・演出で、例えば誰かを傷つけたり、社会的差別や偏見などを助長することは許されません。たとえ「表現の自由」が認められるとしても、他者の権利を踏みにじってはいけないという「内在的制約」が存在するのです。

熊本市の慈恵病院が「明日ママ」に強く抗議する理由

今、日本テレビ系のドラマ「明日、ママがいない」に多くの批判が集中しています。児童養護施設を舞台にしたドラマで、主人公は芦田愛菜ちゃん演じる少女「ポスト」ですが、このあだ名は少女が「赤ちゃんポスト」に預けられたことに由来しています。この脚本監修は、かの有名な野島伸司氏です。「野島作品」はタブーに挑戦し、時代に切り込むものが多いと言われてきました。過激な脚本や演出が問題視され話題になることもしばしばですから、日本テレビ側としても今回の「騒動」は少なからず織り込み済みだったのでしょう。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る 2014年1月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。