愛犬に遺産を。ペット信託とは?

飼い主亡き後、ペットだけが残されてしまう事例も

愛犬に遺産を。ペット信託とは?
超高齢化社会の今、人だけではなく、ペットの寿命も伸びています。現在、犬が13.94歳、猫が14.45歳だそうです(2012年ペットフード協会調べ)。当然、飼い主亡き後、ペットだけが残されてしまう事例が生じています。ペットを家族同然に可愛がる高齢者が増えている中で、自分自身が万が一の場合や意思能力の喪失などでペットの飼育が続けられなくなるという不安を持っていたり、あるいは、その不安のためにペットの飼育自体を躊躇したりする人も多いようです。

反面、ペットと過ごすことが心や体のケアに効果的との理由から、ペットと共に入居できる介護施設がつくられたり、高齢者の自宅でのペット飼育を支援するサービスが普及したりしています。

遺産を一般の財産とは切り分け、飼育費として相続

そんな時代のニーズから生まれたのが「ペット信託」です。「ペット信託」は、信託法の民事信託の仕組みに基づいて手続きされます。具体的には、まず、飼い主を代表とした管理会社(合同会社が一般的)を設立し、飼い主の死後、ペットに残したい財産を事前にその管理会社に移しておきます。次に、自分が飼育できなくなった後の飼い主を受益者とする遺言書をしるし、「ペットの飼育のために」とした信託契約書を受益者と締結します。遺産を一般の財産とは切り分け、飼育費として相続してもらう仕組みです。

相続された後の飼育費が適切に使われているかどうかは、弁護士などの監督人がペットの飼育状況をチェックすることも可能です。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る 2014年3月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら