米国で急増 電子タバコ被害の危険性

一部の電子たばこは毒性物質を含んでいる

米国で急増 電子タバコ被害の危険性
米国では過去1年、電子たばこに関連するやけどや呼吸器疾患、心血管障害などの健康被害件数が急増していることが明らかになりました。電子たばことは、煙の代わりに少量の蒸気を吸引するたばこに似せた吸引器であり、構造的にはほぼ同じで「充電式バッテリー(蓄電池)」と「噴霧器としての本体」「希釈液を含んだカートリッジ(風味)」から構成されています。カートリッジの液体はニコチン含有量によって数種類用意されており、ニコチンを含まないものもあります。

最近、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、一部の電子たばこに発がん性物質をはじめとする毒性物質を含んでいることを報告しており、世界保健機関(WHO)は若年者の使用においてニコチン依存症の増大と喫煙に向かうリスクへの懸念を表明しました。さらに、FDAはこの件に関し、一部の業者の品質管理の杜撰さから来るものだとの見解を示しており、こうした安全性の懸念から一部の電子たばこの出荷を制限していると発表しています。

また、発売業者によっては、その禁煙効果を大きくうたっているところも見受けられます。基本的にニコチンなしの電子たばこについては香料の含まれる気体を吸うのみであるため、身体的依存によるニコチン摂取量軽減などの医療的効果は期待できないものと考えられています。

電子たばこを安易に使用するのは注意が必要

日本国内においては、中国製品が輸入代理店などを経由して発売されていますが、ニコチン入りの電子たばこを国内で発売することは薬事法に抵触するため、日本国内の業者が発売している全ての製品はニコチンなしのものです。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る 2014年5月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら