ペルーでM8.0の巨大地震、日本海中部地震の前にも

2019年05月26日の日本時間16:41にペルーでM8.0の巨大地震が発生した。世界でM8.0以上が起きたのは9ヶ月ぶりであった。今回の震源付近が揺れた際には、その後国内に何らかの傾向性は見られてきたのだろうか。

9ヶ月ぶりのM8.0以上巨大地震で世界的に地震活動活発化の恐れ

世界でM8.0以上の巨大地震が起きたのは2018年08月19日のフィジーM8.2以来9ヶ月ぶりで、2019年におけるM7.0以上の大地震としては05月14日のパプアニューギニアM7.5 [1]以来12日ぶりであった。

2019年としては5回目となる大地震であった今回のペルーM8.0だが、2018年に5回目のM7.0以上を記録した地震が02月25日のパプアニューギニアM7.5であったことに照らせば、2019年は世界的な地震活動は一見低調であるように感じられる。

しかし、この低調が今後も続くかどうかは予断を許さない。というのも2018年は02月下旬から08月下旬までM7.0以上の地震は一度も起きなかったのだが、08月下旬からの1ヶ月で6回も立て続けにM7.0以上が観測されたからだ。

そしてその発端となったのが08月19日のフィジーM8.2、前回のM8以上巨大地震であったのである。従って、今回もペルーで発生したM8.0を皮切りに世界的な地震活動が活発に転じる可能性があり、今後の動向を注視すべきであるのは間違いない。

日本への傾向性現れやすいペルーでの大地震

あわせて読みたい

地震ニュースの記事をもっと見る 2019年5月26日の国際総合記事
「ペルーでM8.0の巨大地震、日本海中部地震の前にも」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    トンキンとソウルを火の海に!早く!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。