京都府北部で9カ月ぶり地震を記録 大阪湾との共通点も

記事まとめ

  • 2019年9月16日に京都府北部でM3.0震度1の地震が発生した。
  • 京都府北部における有感地震は約9カ月ぶり。
  • 長野地震直前に今回の震源付近で地震が記録されており、大阪湾地震と共通している。

京都府北部で9ヶ月ぶり地震、前日の大阪湾との共通点は

2019年09月16日の10:31に京都府北部でM3.0・震度1の地震が発生した。京都府北部における有感地震は約9ヶ月ぶり。山田断層帯のごく近くで起きた地震であったのが特徴で、今後の動向を注視する必要がありそうだ。また1941年の長野地震直前に今回の震源付近で地震が記録されていた点が前日の大阪湾地震と共通している。

京都府北部で有感地震が観測されたのは2018年12月29日のM2.7・震度1以来およそ9ヶ月ぶり。

それほど珍しい地震ではなかったように思えるが、この2018年12月の地震は2014年09月から途絶えていた京都府北部における揺れであっただけに、それほど時をおかずに再び発生した今回の地震について知っておく必要があるだろう。

1922年以降、京都府北部ではおよそ300回の有感地震が観測されてきた。

しかし、そのうちの約200回は1927年03月07日に京都府北部を震源とした北丹後地震(M7.3・震度6)の余震として1927年に発生していたもので、前回の南海トラフ巨大地震であった1944年の昭和東南海地震と1946年の昭和南海地震以後としてはこれまでに約50回程度と少なく、こうした点を踏まれば今回の地震は比較的レアな揺れであったと言える。

次に今回の震源について見てみよう。今回の震源は前回2018年12月の地震よりも北側で起きていたことから関係性については考えなくて良さそうである一方、北丹後地震の震源域には含まれる場所であった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

地震ニュースの記事をもっと見る 2019年9月16日の社会記事
「京都府北部で9ヶ月ぶり地震、前日の大阪湾との共通点は」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    そもそもM3レベルの地震で騒いでほしくない。なんで、そこから山田断層に飛躍する。災害の被害を食い物にするアホが多すぎだ。理論も無いカルトのはしりだわ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三重県」のニュース

次に読みたい関連記事「三重県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「兵庫県」のニュース

次に読みたい関連記事「兵庫県」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「滋賀県」のニュース

次に読みたい関連記事「滋賀県」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら