伊豆・小笠原でM5.1の地震、続くフィリピン海プレート沿いの揺れ

USGSによると2019年11月19日の15:10に伊豆・小笠原でM5.1の地震が発生した。鳥島近海と父島近海の境界付近であったと見られる。11月15日のインドネシアM7.1大地震の際に、過去の事例からフィリピン海プレート沿いにおける地震に繋がっていく傾向性と紹介したところ、関東東方沖、伊豆大島近海、そして今回の伊豆・小笠原M5.1と続いている。

2019年11月19日15:10 M5.1 震度- 鳥島近海・父島近海境界付近(深さ約10km)

気象庁はこの地震で震度1以上を発表していない。震源の位置は鳥島近海と父島近海の境界付近であったと見られる。

伊豆・小笠原では11月14日に父島近海でM4.9の地震 [1]が起きていたが、この時の震源は今回より南側で深さも430kmと深かった。

また11月17日には伊豆大島近海でM4.7・震度4の地震 [2]が観測されたばかり。

今回の地震を考えるに当たってはまず11月15日のインドネシアM7.1大地震 [3]の際に過去事例における傾向性から「フィリピン海プレート沿いにおける地震への注意が必要」と指摘していた通り、11月16日の関東東方沖M4.9、17日の伊豆大島近海M4.7と同様フィリピン海プレート沿いで発生した地震であったことに注目したい。

インドネシア大地震の過去事例では更に強いM6クラスへと繋がっていたケースもあっただけに、フィリピン海プレート沿いに当たる伊豆・小笠原、相模トラフそれに南海トラフから琉球海溝にかけての一帯への注視を続ける必要があるだろう。

あわせて読みたい

地震NEWSの記事をもっと見る 2019年11月19日の社会記事
「伊豆・小笠原でM5.1の地震、続くフィリピン海プレート沿いの揺れ」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    創価大臣と革マル立憲が海保推進し、住民頭部へ軍事衛星SARとFCS火器管制レーダー照射してるそうだな?

    1
  • 匿名さん 通報

    極左弁護団と革マル創価らが火器管制レーダーFCS、SARから不動産殺人か?

    1
  • 匿名さん 通報

    国際法違反の特定通常兵器使用禁止制限条約違反の海保岩並、海自湯浅司令だろ?住民頭部へ毎秒レーダー照射して赤外線写真撮影しながら北朝鮮学校無償化極左反原発弁護団と不動産殺人か?

    1
  • 匿名さん 通報

    海保めいよう?

    1
  • 匿名さん 通報

    海自湯浅司令FCSあわじ?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。