死因の第3位…「誤嚥」の原因はのどの筋肉の衰えだった!

死因の第3位…「誤嚥」の原因はのどの筋肉の衰えだった!

「食べ物や飲み物が気管に入ってむせたことはありませんか? そんな誤嚥を放っておくと、食べ物や飲み物が気管から肺へと流れ込み、細菌が増殖して誤嚥性肺炎の危険性が高まります」

そう指摘するのは介護予防トレーナーの久野秀隆さん。関東を中心に年間6万人のシニアに、健康を保つための体操指導を行っている。

「現在、年間12万人の人が肺炎で亡くなり、死亡率の第3位に。新たな国民病といわれています。その内の7割が、誤嚥性肺炎が原因です。誤嚥が起きると2年以内に50%の人が亡くなっているというデータもあります」

体操の参加者からも「よくむせる」「まわりで誤嚥性肺炎で亡くなる人が多い」と、その広がりを実感した久野さんは、その対策に「ゴエン予防体操」を編み出した。

「誤嚥は、高齢者や寝たきりの人に起きることと思っている人も多い。実際そうなのですが、誤嚥の原因となる、のどの筋肉の衰えや老化は、40代からすでに始まります。のど仏の位置が下がってきたら要注意。また『水や食事でむせるのは乾燥のせい』と思いがちですが、むせることも、のどの筋肉の衰えのサインです」

誤嚥対策のために久野さんに、のどの筋肉の衰えを抑える「ゴエン予防体操」を教えてもらった。

■「準備体操」顔の表情筋を軟らかくする

(1)両手を頬の高角の横にあてて、ギューッと上に何度か持ち上げる。

(2)次に奥歯のかみ合わせのあたりにあてた両手の指を押しながら、前後にぐるぐる円を描くように回して表情筋をほぐす。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。