異常気象で野菜値上げ…「買うならドンキかイオン」と専門家

異常気象で野菜値上げ…「買うならドンキかイオン」と専門家
拡大する(全1枚)

「キャベツが半玉で150円を超えていたのよ。それで1玉の値段を見たら300円近くて……。きゅうりも1袋200円ほどになっているし、カット野菜しか買う気になれないです」

本誌記者にこう嘆くのは50代の主婦。そう、キャベツやきゅうり、レタスをはじめ、いまとにかく野菜の値段が高いのだ。この野菜価格の高騰は、まず、7月に起きた西日本豪雨の影響が考えられるという。経済評論家の加谷珪一さんがこう解説する。

「西日本豪雨では、まず、野菜の出荷・流通に大きな痛手を負いました。本来この時期に出荷すべき“旬”の野菜が、世紀の大豪雨によって供給できなかった。たとえばキャベツは、1キロあたり257円の値上げ幅。これは例年のおよそ1.7倍です。ひとつの流通が滞れば、ほかのものの流通も影響を受けてしまいますから、野菜を発端に、あらゆる業態の品物が、異常気象によって連鎖的に高騰してしまう可能性もあるんです」

埼玉県熊谷市では7月23日に歴代最高の41.1度を記録した。“異常な猛暑”も野菜の価格に影響をもたらしている、と加谷さんは続ける。

「いちばん注意すべきはこれから旬になってくる野菜の価格でしょう。秋・冬野菜といえば、かぼちゃやじゃがいも、にんじんなどがありますが、軒並み上がる可能性があります。猛暑の影響でやはり、出荷時期などの誤差が生じてしまいます」

値上げするのは野菜だけではない。外食産業もこの天候不順の影響を受けている。


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。