100円ショップでも売っている人気除草剤にがん発症リスク

それを受けてか、’15年にはオランダが「ラウンドアップ」を販売禁止に。まもなく、ブラジルでもグリホサートを含む製品について使用が禁止される。「食品と暮らしの安全基金」の代表でジャーナリストの小若順一さんが語る。

「日本の農家の間で広く使われているだけでなく、ホームセンターや100円ショップでも『ラウンドアップ』やグリホサートを主成分とした廉価な除草剤が販売されています。家庭菜園の流行もあり、一般家庭にもかなり普及しています。日本では野放し状態といっていいでしょう」

内閣府の食品安全委員会は’16年にグリホサートについて評価書をまとめている。そこでは、《神経毒性、発がん性、繁殖能に対する影響、催奇形性及び遺伝毒性は認められなかった》として、1日摂取許容量の基準を体重1キロあたり1ミリグラムとし、その量なら生涯、摂取し続けても健康への影響がないとした。

政府の見解について、平先生はこう話す。

「日本の農薬政策は、発がん性が否定できなくても、食品残留量が十分に低ければ、使用そのものは問題ないというのが基本的な考え方です。しかし、設定された1日の摂取許容量は、店で売られている食品を買って食べるだけの人にも十分に達成可能な数字です。また、農作業などで『ラウンドアップ』を直接扱う人は、うっかりすると大量の曝露を自身や周囲にもたらす危険性があります」

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2018年8月24日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。