富田林署脱走を引き起こした大阪府警は事件検挙率が全国最下位

富田林署脱走を引き起こした大阪府警は事件検挙率が全国最下位

「大阪に関しては、検挙率が低いことが組織の中で常態化していて、当たり前に感じられていることが問題です。大阪以外にも検挙率の下位に、東京や埼玉、千葉、愛知などの大都市圏がくるのは、やはり犯罪件数が圧倒的に多いためです」

こう話すのは、警察に詳しいジャーナリストの寺澤有さん。平成30年版の『警察白書』が発表された。そこには都道府県別の事件検挙率なども掲載。事件検挙率は捜査対象となっている事件の数(認知件数)のうち、検挙された件数の割合を算出している。最新版の「事件検挙率」のランキングは次のとおりだ。

■「事件検挙率」ベスト10

【1位】秋田県:78.41%
【2位】山形県:75.69%
【3位】長崎県:68.50%
【4位】鳥取県:64.63%
【5位】島根県:62.63%
【6位】佐賀県:58.34%
【7位】大分県:57.63%
【8位】奈良県:55.95%
【9位】沖縄県:54.97%
【10位】福井県:54.59%

■「事件検挙率」ワースト10

【1位】大阪府:21.77%
【2位】埼玉県:28.04%
【3位】東京都:30.04%
【4位】千葉県:30.09%
【5位】岐阜県:31.03%
【6位】愛知県:31.46%
【7位】茨城県:32.51%
【8位】福島県:33.09%
【9位】京都府:33.10%
【10位】兵庫県:33.40%

※平成30年版警察白書より。小数点第3位以下は切り捨て。

寺澤さんと元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平さんに、数値の裏を読み解いてもらった。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。