朝ドラ『まんぷく』モデル安藤百福 闇市で得た即席めんのヒント

朝ドラ『まんぷく』モデル安藤百福 闇市で得た即席めんのヒント

10月から始まるNHK連続テレビ小説『まんぷく』。そのモデルは、即席ラーメンの生みの親・安藤百福さん夫婦。死去の際、ニューヨーク・タイムズが社説で「人間の進歩の殿堂に不滅の地位を占めた」と追悼した故・安藤百福さん。老若男女に愛される即席ラーメンに懸けた人生とは――。

安藤百福は1910年生まれ。両親を幼少期に亡くし、祖父母に育てられる。義務教育終了後の14歳からは、祖父が経営する繊維問屋の仕事を手伝い、商売をイチから学ぶ。22歳のときに独立し、日本から繊維製品を仕入れて台湾で販売する事業を立ち上げると、大成功。活動の場を日本に移し、大阪市でメリヤス問屋を始めて、事業を拡大していく。

1941年、太平洋戦争が始まる。百福は軍需工場の資材を横流ししているとあらぬ嫌疑をかけられ、憲兵から拷問を受けたこともあった。しかし、悪いことばかりは続かない。1945年、35歳のときには、神主を務める名家出身の仁子さんに一目ぼれをして、結婚する。

兵庫県に疎開していた百福夫妻は、終戦後の1946年、大阪に戻る。しかし、当時の大阪は空襲で家を焼かれ、家族を亡くし、路頭に迷う人たちであふれかえっていた。

百福が47歳のとき、かねてより構想を練っていた即席めんの開発を始める。戦後の闇市で飢えた人々がラーメンの屋台に長蛇の列をなす光景が、強く印象に残っていたのだ。

大阪府池田市の自宅敷地内に10平方メートルほどの小さな小屋を作り、1年間、研究に没頭した百福。いちばん苦労したのは、麺の乾燥法。ある日、妻の仁子さんが台所で天ぷらを揚げているのを見て、高温の油で揚げた麺は水分が抜けて乾燥し、長期保存も可能になることに気づいた。発明のヒントは、身近なところにあったのだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2018年9月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。