川崎麻世「訴訟せず」誓約書の存在…裏切られた長女はPTSD

川崎麻世「訴訟せず」誓約書の存在…裏切られた長女はPTSD

「報道では“麻世さんが子どもたちのためにこれまで離婚を避けていた”という論調が目立ちますが、麻世さんがお子さんたちのことを心底から考えているとは思えません」

こう本誌に“怒りの告発をするのは川崎麻世(55)と離婚裁判中であるカイヤ(56)の知人の1人・Aさんだ。90年に結婚し、長女(28)と長男(22)に恵まれた2人だが、長男が成人を迎えた2年前に麻世が離婚調停を申し立て、裁判に発展。

「別居と報じられたこの14年間、麻世さんは自分の都合だけで自宅を出入りしてきた」(前出・Aさん)という。夫妻をよく知る友人のBさんもこう憤る。

「報道ではカイヤさんが勝手に自宅の鍵を替えたことになっていますが、玄関の鍵はダイヤル式で入れる状態になっていたようです。麻世さんは彼女ができるとぱったり家に帰ってこなくなり、別れると平気な顔をして帰ってくるのだとか。2人のお子さんたちは身勝手な父親が許せなかったのだと思います」

この“親子断絶”の発端は、遡ること18年前――。

「カイヤさんが仕事で海外ロケに行ったんです。長期で家を空けていたときに、子どもたちのいる自宅に麻世さんが別の女性を泊まらせたそうです。当時10歳の長女は、それ以来麻世さんを完全にシャットアウト。その後、彼女はLAに移住し、その後10年以上麻世さんとは面会していないと聞いています」(川崎家の知人・Cさん)

LAに住む長女は、晴れて一流企業に就職。約6年前、麻世とカイヤにラスベガスでの夫婦共演の仕事が入り、長女と麻世に“再会の機会”が――。

あわせて読みたい

記事提供社から

「川崎麻世「訴訟せず」誓約書の存在…裏切られた長女はPTSD」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    この長女も変な人だな

    14
  • 匿名さん 通報

    この夫婦は昔からどっちもどっちじゃん。

    13
  • 匿名さん 通報

    『あなたの両親はセレブなんだから働かなくてもいいじゃない』と嫌味を言われて.....アメリカ人は他人の生活に口出ししません。こんなこと言いません。日本人だけです。

    10
  • 匿名さん 通報

    他人の家庭の内情など、どうでもいい。最低レベルの家庭も、どうでもいい。

    7
  • 匿名さん 通報

    子供たちが成人過ぎてもカイヤが麻世に無心してるって図式?

    4
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。