ステージ3乳がん…日本テレビ記者が闘病10年で変えた未来

ステージ3乳がん…日本テレビ記者が闘病10年で変えた未来

エネルギッシュに報道の現場を飛び回っていたある日、右胸にしこりを見つけた。社会人2年目の春だった。絶望に打ちひしがれながらも、家族や医師、同僚に支えられて、日本テレビ報道局社会部記者の鈴木美穂さん(35)は、徐々に前を向けるように。闘病を経験している記者として、がんとともにありながらも、希望の持てる生き方を伝えたいと模索してきた――。

「いちばん最初は3月でした。シャワーを浴びていて、ふと右胸のしこりに気付くんです」

’06年4月、鈴木さんは日本テレビに入社。面接時からドキュメンタリー志望と伝えていた彼女だったが、希望どおり、報道局へと配属された。

入社1年目のAD時代から、自らネタを見つけては企画書を提出して、ニュース番組内での放送を実現。さらに1年後には、若手の皇室担当としてベテラン記者に交じり夜討ち朝駆けで、ハードながら充実した日々を送っていた。右胸のしこりに気づいたのは、そんな24歳の春だった。

「残念ながら、悪いものが写っていました。乳がんの可能性が高い。仕事をしている場合じゃないです」

’08年5月2日。検査結果を告げられると、母親が駆けつけるまで病院前で、体育座りで泣き続けた。

「結婚も、出産もしないまま、私は死ぬのか。健康優良児で、親族にも一人もがんはいませんでしたから、『なんで私なの?』と、かつてないほどひどく混乱しました」

女性の11人に1人がかかるといわれる乳がん。鈴木さんのがんは進行が早く、当時は再発リスクも高いといわれていた。“HER2陽性”タイプだった。「死にたくない」という一心で、最良と思える治療を求めて、病院をまわった。

...続きを読む

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2018年11月19日のライフスタイル記事
「ステージ3乳がん…日本テレビ記者が闘病10年で変えた未来」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    セブンスオピニオン・・・。これが海老妻との差か。結局頭と行動力。

    1
  • 匿名さん 通報

    誰だよ?進行した乳がんのしこりって、普通に触ってもかなり違和感がある。年一のマンモとエコーの義務化を推進すればぁ。EVA装着も視野に入れてはぁ。先ずは糞女の危機意識の改善が必要なだけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    昔、乳がんになると子宮全摘出だったそうですが、最近の医学は治療も進歩してるから温存療法できるのかな?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。