4月から関連法施行「働き方改革」 パート主婦にメリットは?

4月から関連法施行「働き方改革」 パート主婦にメリットは?

「この4月からスタートした『働き方改革関連法』(以下「関連法」)ですが、もっとも大事なことは、今まで“働きすぎだった人”の意識改革です。そして、古い体質で法律を守らなくてもよいという、雇い主を許さない政府の強い姿勢です」

そう語るのは、元労働基準監督署長で「森井労働法律事務所」の森井博子所長。すでに4月1日から一部が施行されている関連法。どんな制度なのか? 職場でどんな変化が起こるのか、森井さんに詳しく解説してもらった――。

【Q1】なぜ「働き方改革」の法律が作られたの?

過労死や過労自殺につながる長時間の労働、正規と非正規雇用の格差などの問題を解消するために70年ぶりに大改正したのが「働き方改革」です。

とくに、議論が加速したのは、’15年に電通の新入社員の高橋まつりさんが過労自殺した違法残業事件がきっかけ。現在も過労死はなくならず、長時間労働がまん延しているのが実情です。

【Q2】違反すると、会社はどんな罰を受けるの?

罰則規定がついたのは、残業する時間の上限を定めた「時間外労働の上限規則」(6カ月以下の懲役、または30万円以下の罰金)と有給休暇を確実に取得させる「年次有給休暇の時季指定義務」(30万円以下の罰金)の2つです。違反すると会社や時間管理の責任者に罰則が科せられます。

施行前とはいえ、電通の違法残業事件では、社長が辞任し、会社と上司が刑事責任を問われました。

【Q3】この法律のおかげで給与が減ることも?


あわせて読みたい

気になるキーワード

女性自身の記事をもっと見る 2019年4月4日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら