「GWに家で観たい映画7選」年間500本鑑賞する有村昆が厳選

「GWに家で観たい映画7選」年間500本鑑賞する有村昆が厳選

ゴールデンウイークの語源は映画の宣伝用語。今週は映画三昧というのはいかがでしょうか?

年間約500本を鑑賞しているという映画コメンテーターの有村昆氏(42)にGWに、おすすめの“必見映画”を紹介してもらった。今回は、公開が終了した過去の映画。気になるものがあったら、DVDを借りに走ろう!

■「この世界の片隅に」(配給・東京テアトル 2016年公開)

アニメーションの中で僕も妻も大好きな映画の1本です。絵のタッチが水彩画のような薄い感じで、もの凄く優しい。

何気ない、のんびりとした、すずさんという主人公は本当に素朴なんですよ。今まで、たくさんの戦争映画ってありましたが、あんなに軍隊が出てこなくて、いち女の子の視点から見た戦争を描いた映画は、まずなかったです。

あんなに、のほほんと暮らしていた女の子でさえも、戦争で腕がとれて、今後、どうやって、生きていっていいか、わからくなったりするんですよ。 自然災害とか戦争とか、いつ日本で起こるかもわからない出来事を1人の視点で、描いた傑作でしたね。

GWに家族が集まった時こそ見て欲しいです。子供はアニメという取っつきやすさもあるし、おじいちゃん、おばあちゃん世代は戦争を知っているし、家族みんなで1本真面目な作品を、見てもらうのも、いいかなと思います。

■「フィフティ・シェイズ」シリーズの「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(配給・東宝東和 2015年公開)

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(2017年公開)「フィフティ・シェイズ・フリード」(2018年公開)の3部作。原作はアメリカのコミケみたいなところで大ヒットした自費出版の“官能小説”なんですよ。アメリカの主婦が、この小説にハマりまくったんです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

女性自身の記事をもっと見る 2019年4月30日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「瀧本美織」のニュース

次に読みたい関連記事「瀧本美織」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「能年玲奈」のニュース

次に読みたい関連記事「能年玲奈」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「篠原ともえ」のニュース

次に読みたい関連記事「篠原ともえ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。