「日本の介護は世界一!」学びに来る外国人技能実習生たち

「日本の介護は世界一!」学びに来る外国人技能実習生たち

「ハイ、○○さん、ジュースですよ、おくち、あけてください」

名古屋市港区にある特別養護老人ホーム「港寿楽苑」。技能実習生・馬招平さん(30)は、まだ少したどたどしい日本語で、懸命に利用者の女性に声をかけている。

「オイシーですか?」

誤嚥防止のとろみがつけられたジュースをスプーンですくっては、女性ののみ込むスピードを見計らいながら、慎重に口元に運ぶ。笑顔を絶やさない馬さんに、介助を受ける80代女性の顔にも、自然と笑みがこぼれる。

中国・浙江省出身の馬さんは、昨年9月から現場で働きながら日本の介護を学び始めた。そして、そんな彼女に優しいまなざしを送っているスーツ姿の女性がいた。

「もう、だいぶ慣れましたね」

一息ついた馬さんにこう語りかけた女性は張悦さん(38)。彼女は、馬さんと同じく中国で生まれ、18年前に来日した。’14年に福祉専門のコンサルタント会社を起業。アジアと日本の福祉関係企業を結ぶ仕事をいくつも手がけた。一方でいま、尽力しているのが、馬さんのような外国人介護人材の、日本への定着支援活動。

’16年には国境を越えた介護のつながりを作る勉強会「ワールドケアカフェ」を立ち上げ、定期的に開催し続けている。国内外の福祉事業者や日本人、外国人双方の介護従事者が集い、それぞれが実感している課題について意見を交換する。

張さんの思いはただ一つ。誰でも働きやすい、グローバルな環境を整えることだ。


あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2019年5月18日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。