「麗禾を女性初の歌舞伎役者に」海老蔵決意の陰に妻との約束

「麗禾を女性初の歌舞伎役者に」海老蔵決意の陰に妻との約束

「市川ぼたんとして、私の團十郎襲名公演に出たいようです」

そう顔をほころばせたのは、市川海老蔵(41)。5月12日、長女・麗禾ちゃん(7)が、日本舞踊市川流の四代目・市川ぼたんを今年8月に襲名することを発表した。壇上で目標を聞かれた麗禾ちゃんは、照れて父に耳打ち。冒頭のように海老蔵が代弁したのだった。

「麗禾ちゃんは見るのも演じるのも大好きな生粋の歌舞伎ファン。デッキが壊れてしまうくらい何度も公演のDVDを見たり、自宅では弟の勸玄くん(6)と歌舞伎ごっこをして遊んでいます。でも麗禾ちゃんが歌舞伎にのめり込むほど、海老蔵さんの悩みは深くなっているようです。なぜなら、女性は子役としてしか舞台に立つことができないから。慣習的には初潮が来るまでとされているので、近い将来、麗禾ちゃんは大好きな歌舞伎の舞台から去らなくてはいけないのです」(歌舞伎関係者)

市川家の知人によると、麗禾ちゃんは「私もいつかパパのような歌舞伎役者になりたい。でも女の子は駄目なの?」と父に尋ねたことがあったという。

梨園の伝統に苦しんだ女性は麗禾ちゃんだけではない。十八代目中村勘三郎(享年57)夫人の波野好江さん(60)は、女性として梨園に生まれてきた苦悩を自伝『三人桃太郎』でこう綴っている。

《私は歌舞伎役者・七世中村芝翫の次女として生まれました。父はもちろんのこと、母やまわりの誰もが“今度こそ、きっと男の子を”と待ち望んでいたでしょうに、周囲の期待を裏切って、この世に産声を上げてしまったのです》


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 市川海老蔵 ブログ
  2. 市川海老蔵 娘
  3. 市川海老蔵 息子
女性自身の記事をもっと見る 2019年5月23日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「市川海老蔵 + 娘」のおすすめ記事

「市川海老蔵 + 娘」のおすすめ記事をもっと見る

「市川海老蔵 + 息子」のおすすめ記事

「市川海老蔵 + 息子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「片岡愛之助」のニュース

次に読みたい関連記事「片岡愛之助」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。