Uberの高評価ドライバー ソマリア内戦中の犯罪者だった

Uberの高評価ドライバー ソマリア内戦中の犯罪者だった
(写真:ロイター/アフロ)

米バージニア州で、タクシー配車サービス「Uber」のドライバーとして働いていた男性に恐ろしい過去があったことが裁判で明らかとなった。

今週火曜、同州の連邦裁判所は、タクシードライバーのユスフ・アブディ・アリに対し、原告のソマリア人ファルハン・タニ・ウォーファーさんへ50万ドル(約5,520万円)の損害賠償を命じた。

アリはソマリア国軍の元大佐で、ソマリア内戦が始まった頃に、ウォーファーさんに対し激しい拷問を加えた罪で起訴されていた。 1987年、ウォーファーさんはアリが指揮する部隊によって誘拐され、その後数カ月に渡り、厳しい尋問や拷問を受けた。

訴状によると、ウォーファーさんは両手両足を背中で縛り上げる、「ミグ」と呼ばれる非常に苦痛の大きなスタイルで拘束され、何度も殴られたり銃で撃たれたりしたという。衰弱し、死に場所に放置されたウォーファーさんは墓堀人を買収することでなんとか逃げだし、生き延びることができた。

BBCによると、アリは1992年、カナダ放送協会が制作したドキュメンタリー番組に映り込んでいたことから戦犯であると認識されたという。当時、アリはトロントで警備員として働いていたが、放送直後に「深刻な人権侵害」を理由に国外退去処分となっていた。 米国には1996年に入国し、身分を偽って生活していた。

Uberのドライバーになったのは約1年半前。CNNの記者がアリの車に乗り、世間話のように「Uberの運転手になる手続きは難しいのか」と聞くと、「経歴を調べるだけさ」と答えたという。Uberは犯罪歴や、連邦および州の記録をチェックしたり、インターポールにも照会したというが、アリの戦犯としての経歴は捕捉されなかった。運転手としての評価は高く、点数は4.89だったが、Uberの広報担当者は「アプリから永久追放した」とBBCに対しコメントしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

女性自身の記事をもっと見る 2019年5月22日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。