解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法

解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法
拡大する(全1枚)

政府の集計によると、6月17日の時点で、国内で新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を終えた人が2,000万人を突破。2回目を終えた人は約762万5,000人にのぼった。

これから接種を控えている人にとっての大きな関心事が副反応。そこで今回、本誌では5人の現役医師に、自身の「ワクチン接種後の副反応への対処法」についてコメントを寄せてもらった。

【皮膚科・内科医 友利新先生】

1回目接種後、腕に筋肉痛のような痛み。2回目は接種から12時間後の深夜2時半ごろ、ゾクゾクと悪寒が。翌朝、だるさと倦怠感、37.4度の発熱、頭痛、腕の痛みが。

2回目接種の翌朝、頭痛を感じた時点と夕方に解熱鎮痛剤「カロナール」を服用。解熱剤の「イブ」「ロキソニン」でもよいと思う。接種翌日は家事も休み、食事もデリバリーを取るなどして体を休めた。接種後は料理や掃除などしなくていいように準備をしておくと安心。

【内科医 順天堂大学医学部教授 小林弘幸先生】

1回目接種後の深夜にせき、声のかすれがあった程度。2回目接種日の夜中3時(接種後12時間)に震えが止まらず、悪寒が走り目が覚める。

2回目接種の朝、あらかじめ解熱剤「カロナール」を服用。ただ、熱に関しては「カロナール」を飲まなくてもそれほど出なかったのではないかと思う。副反応は、免疫反応がしっかり働いているから起こる症状。冷静に捉えることが大事。

■氷のうやアイスバッグを活用

【内科医(池袋大谷クリニック院長)大谷義夫先生】


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク