「ひえっ……くしょん!」

ソファにドカッと腰を沈めた邸の主が、大きくて分厚い背中を丸め、両手で顔を覆った。野太い指でも覆いきれないほど豪快なくしゃみが、雷鳴のように轟く。

「ああ、寒いんだね……」

奥でお茶の支度をしていた女性はススッとリビングまで寄ってきて、エアコンの温度を上げた。

俳優・赤井英和さん(61)とその妻・佳子さん(55)である。’80年代に、プロボクサーとして活躍した赤井さん。’87年にタレント活動を開始すると、’89年に主演した自伝的映画『どついたるねん』やトレンディドラマ出演でブレーク。『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(’94年)で連ドラ初主演を果たした。さらに、15年ぶりとなる主演映画『ねばぎば 新世界』(監督・脚本/上西雄大)も7月10日から公開されたばかりだ。(東京・新K’s cinemaほかで全国順次公開)

計4度出演のNHK朝ドラや、ドラマ『半沢直樹』、有名企業のCMなどで人気を博し、今日に至る。

その「赤井英和」の名が、スキャンダルでもないのになぜか今年6月、ツイッターの“トレンドワード”に急浮上した。私生活をほとんど明かしてこなかった赤井さんの「日常」を、いちばん近くにいる妻の佳子さんがツイートしだしたのだ。

ツイッターアカウント「赤井英和の嫁 佳子」でのユーモラスな夫の姿とシュールなコメントは、一気に拡散。

《たとえ自分がどんなタイミングでも、いってらっしゃいはしてくれる》(6月4日)では、妻を玄関から見送る赤井さんの姿が。しかし裸にタオル1枚巻いただけ、おまけに寝起きか二日酔いっぽい重そうな瞼。これには、27万3千もの「いいね」がついた。