主食を卵2個に置き換えて25キロ減!「にこたま」ダイエット

主食を卵2個に置き換えて25キロ減!「にこたま」ダイエット
拡大する(全1枚)
卵2個でダイエット!

「『卵=コレステロール値を上げる』というイメージが根強く残っているかもしれませんが、今ではコレステロールの生産は肝臓が行うものであり、食事で調節できるものではないというのが常識となっています」

こう話すのは、肝臓クリニック札幌の川西輝明院長だ。実際、’15年に厚生労働省が日本人の食事摂取基準からコレステロールの上限値を撤廃している。

「それまでは卵や魚卵など、動物性の肉や卵を食べるとコレステロール値が上がると言われて、卵はせいぜい1日1~2個が推奨されていましたが、実はコレステロール値を上げるのは『ミリスチン酸』という飽和脂肪酸です。ミリスチン酸は肉には入っていますが、卵にはほとんど入っていません。コレステロール値の高い人は、消費カロリーに対して摂取カロリーが高いためにカロリーが余って、その栄養が肝臓で代謝されてコレステロールが作られているのです」(川西先生・以下同)

つまり、それまで考えられていた「卵=コレステロール」の考え方は誤解で、コレステロール値を上げるのは余分なカロリーだというのだ。

■卵料理なら何でも大丈夫。調味料もソースなど自由に

コレステロール値が高いと血液がドロドロになって血管が詰まる動脈硬化、肝臓の細胞の中に中性脂肪がたまる脂肪肝になるリスクなどが高まる。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞、脂肪肝は肝硬変や肝臓がんなどの病気につながるので注意が必要だ。

そのためにも川西先生が提案するのが、今回紹介する「にこたま」ダイエット。方法はいたってシンプルで、パンやご飯を卵2個に置き換えるだけ。


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク