歩けないほど痛くてもできる「つかまり足踏み」でひざ痛解消

歩けないほど痛くてもできる「つかまり足踏み」でひざ痛解消
拡大する(全1枚)

日本人の多くが「ひざ痛」に悩まされている。その数は’05年に東京大学医学部の研究グループが行った調査によると約2,400万人。ひざ痛の患者とその予備軍を含めると約3,000万人、じつに日本人の4人に1人にものぼるという。

そして、その原因の約9割を占めると考えられているのが「変形性ひざ関節症」だ。

「変形性ひざ関節症は、長年にわたるひざへの負荷により、ひざの軟骨がすり減っていく病気です。すり減った軟骨は元に戻ることはなく、すり減りつづけます。ただ、痛みの出る原因として、骨と骨がぶつかるから、というイメージを持たれる人が多いと思いますが、軟骨がすり減ること自体は痛みの原因ではありません」

そう語るのは、江東病院理事長で順天堂大学医学部整形外科特任教授の黒澤尚先生。ではいったい、ひざの痛みはどうして起こるのか。

ひざは大腿骨(ももの骨)と、脛骨(すねの骨)をつなぐ部分だが、硬い骨同士が直接触れているのではなく、すべりをよくしたり、衝撃を吸収したりする関節軟骨が表面を覆っている。

「ひざは立ったり、座ったりするだけで、体重の数倍もの力がかかります。さらに歩くときには、じつに体重の5倍以上もの負荷がかかるといわれており、関節軟骨がすり減りやすいのです。関節軟骨がすり減ると、すり減った細かい摩耗物質が出て関節包の内側の滑膜を刺激します。すると、摩耗物質は異物とみなされ、免疫反応が起こることに。滑膜の細胞からは『炎症性サイトカイン』という物質が分泌され、炎症を引き起こすことにより痛みが出るのです。つまり、痛みの正体は炎症性サイトカインなのです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク