秋ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『アバランチ』&『日本沈没』!1位は…
拡大する(全1枚)

10月から始まった秋ドラマもいよいよ大詰め。

東京オリンピックなどの影響もあり苦戦した夏ドラマに比べ、秋ドラマの世帯視聴率は全体的には堅調。恋愛ものやサスペンス、医療ものなどジャンルも幅広く、「豊作」の呼び声も高いクールだ。

しかし、クライマックスを迎え、視聴者の満足度にも開きが出てきた。

そこで本誌は、秋ドラマで「見るのをやめた作品」「見るのを続けている作品」についてアンケートを行った(11月30日~12月7日)。

まずは「見るのをやめた作品」について。一度は視聴者が見たものの、定着しなかった作品とは……。

■「話が複雑」「暗い」が離れていく要因に?

同率2位となったのが、『アバランチ』と『日本沈没―希望のひと―』。

『アバランチ』は今秋から新たに始まったフジテレビ“月10枠”最初の作品。綾野剛(39)演じる主人公は、警察が裁かない悪を裁く謎のアウトロー集団「アバランチ」に所属している元公安…という設定だ。番宣は一切ななく、ハードボイルドな作風を放送前から貫いていた。

監督は映画『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』などで知られる藤井道人氏で、映画のような質感とアクションが話題になっていたが《話が難しくて脱落してしまった》(30代女性/パート)とアウトロー集団や内閣官房が絡み合うストーリーに集中力が切れてしまった人が多かった。また、《シリアスな作風だったので期待していたが、初回のラストで制裁しない展開に拍子抜け》(30代女性/自由業・自営業)と、演出と脚本のギャップに戸惑う意見も見られた。