山梨県語った“ワクチン未接種者に外出自粛要請”の真意「健康を守ることが趣旨」

山梨県語った“ワクチン未接種者に外出自粛要請”の真意「健康を守ることが趣旨」
拡大する(全1枚)

1月23日、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、感染防止対策の臨時特別協力要請案を示した山梨県

産経新聞によると、長崎幸太郎知事(53)は「感染対策を取りながら、経済・社会を回していく方針は変わらない。全国一律の対策ではなく、地域の実情に沿った対策を進める」と述べ、政府に対してまん延防止等重点措置の適用は要請しない考えを示したと報じられている。

その一方で、ワクチン未接種の県民に対しては2月13日まで不要不急の外出・移動を控えるよう要請する案も盛り込まれており、ネット上では次のように物議を醸している。

《これはダメだよ…事情があって接種出来ない人だっているんだし》
《接種できない人もいるんだから買い物とか誰か行ってくれるのか》
《ワクチン未接種者に対する、差別ですか?》

■「ご健康を守ることが趣旨」

果たして、ワクチン未接種者に限定した外出自粛の要請にはどのような意図があるのだろうか? 1月24日、その真意を確かめるべく山梨県知事政策局に話を聞いた。

担当者によれば、すでに何件も問い合わせの連絡が入っているといい、“差別ではないか”との声が上がっていることは承知しているという。

ーーなぜワクチン未接種者の方だけ外出自粛の要請が出されるのでしょうか?

「趣旨としてはですね、ワクチンの2回接種を終えていない方というのが、感染の度合いが高いということが調査でわかっております」

ーーそれはオミクロン株についてですか?


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク