【医師解説】「オミクロン株で自宅療養」に備える市販薬とは?
拡大する(全2枚)

「ワクチン未接種者が多く、活動的な若い世代を中心にオミクロン株の感染者が急増し、そこからさらに家庭内へと拡散されています。今後しばらく、感染者は増え続けるでしょう」

そう語るのは、発熱外来でコロナ患者を診察してきた医療法人「杉原クリニック」(神奈川県横浜市)院長・古川健司先生だ。

連日のように各地で「1日あたりで過去最多の感染者数」が更新され、誰もがいつ感染してもおかしくない状況になっている。

「保健所や医療機関の機能を維持するため、基礎疾患のある人や高齢者以外は自宅療養が求められるケースもあります。不安に感じる人も多いと思いますが、オミクロン株の感染者は軽症のケースが多く、その8割の人は市販薬で対応できるのです」(古川先生・以下同)

感染が疑われても、保健所や病院はパンク状態のところも多く、診てもらえるまでのタイムラグが生じるケースも少なくない。そんないまだからこそ、正しい予防、療養方法を学んでおく必要がある。

古川先生に、オミクロン株の感染予防と、自分や家族がいざ感染してしまった際に備えておくべきことを解説してもらった。

【予防編】

〈ワクチン3回目接種〉

「英国保健安全保障庁のオミクロン株に対するワクチン有効性は、ファイザー社製の場合、2回目接種直後は約90%ありますが、20週後には約35%に下がってしまいます。しかし、ファイザー社製、もしくはモデルナ社製ワクチンの3回目接種をすることで、有効性を約70%に高められると報告されています。できるだけ早く接種することが望ましいです」


この記事の画像

「【医師解説】「オミクロン株で自宅療養」に備える市販薬とは?」の画像1 「【医師解説】「オミクロン株で自宅療養」に備える市販薬とは?」の画像2