錦織圭 観戦席も別々…両親と恋人の冷戦状態に板挟みの苦悩

錦織圭 観戦席も別々…両親と恋人の冷戦状態に板挟みの苦悩

(写真・AFLO)


「大会直前の29日に公開練習が行われたのですが、錦織選手は俊敏な動きをしていたのとは対照的に、表情がかなり曇っていましたね」(スポーツ紙記者)



10月3日、東京・有明で1回戦が始まった『楽天ジャパンオープンテニス』。強敵が相次ぎ欠場となり、第1シードで臨めることになった錦織。それでも終始、浮かない表情を見せていたのはなぜだろうか――。



「彼のモヤモヤは、交際中のモデル・観月あこさん(24)と自分の両親が“冷戦状態”にあるから。両親は彼女との交際に拒否反応を示していて、観月もそれに対して歩み寄ろうとしない。錦織選手は恋人と両親の“板挟み”で苦しんでいるようです」(テニス関係者)



9月中旬、大阪で開かれたデビス杯でも、両親と観月との“確執”が露わになっていた。



「この大会には、錦織選手の母・恵理さんと姉・玲奈さん、そして恋人の観月さんも観戦に訪れていました。母と姉の席はテニスコートを縦に見るコートエンド席。いっぽう観月さんがモデル仲間の女性と並んで座ったのは横から見るコートサイド席。ここは錦織選手が陣取るベンチのすぐ後ろなんですが、母・恵理さんたちからは遠く離れた位置でした。両親と彼女の“冷戦”に配慮したのか、事前にわざわざ錦織選手が『離れた別々の席を』と手配したそうです」(大会関係者)



実はそれ以前にも、両親と観月の間に、決定的な亀裂が生じたと見られる出来事があった。8月下旬から行われた全米オープンでのことだ。昨年の全米では、同じホテルに宿泊したが、今年は同宿を希望する観月を錦織サイドのスタッフが“追い出した”という。

...続きを読む

あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2016年10月6日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。