お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】

お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】
拡大する(全7枚)

連続テレビ小説『べっぴんさん』第3週は、疎開先の近江の本家で肩身の狭い生活を送っていたすみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)が、戦後の混乱期の中で自らの生き方を模索する。米軍による本土への空襲によって、父・五十八(生瀬勝久)と亡き母・はな(菅野美穂)が築いた神戸の邸宅は跡形もなく焼け落ちる。惨状を目の当たりにしたすみれは、近江の坂東本家に戻り、そのすべてを五十八に報告。そこに、大阪の様子を見に行ったゆりも戻り、「坂東営業部」のビルは焼け、その上、夫の潔(高良健吾)の父・正蔵(名倉潤)が亡くなっていたことを告げる。ショックを受ける五十八は、貴族院議員として最後の務めをはたすため、東京へと向かう。


お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週...の画像はこちら >>


近江の本家に残ったすみれとゆりは、戦後の食糧難の中で、祖母の坂東トク子(中村玉緒)や伯父の長太郎(本田博太郎)、妻の節子(山村紅葉)、息子の妻の静子(三倉茉奈)に遠慮しながら、つらい生活を送っていた。


ある日、幼子をおぶった女性が、着物と食べ物を交換してほしいとやってくる。娘のさくらと同じ年ごろの子を持つ母に同情するすみれ。節子と静子が反対したにも関わらず、こっそり食料を手渡す。すると、その様子を見ていた静子が歩み寄るや、すみれの頬を平手打ちする。「畑仕事もろくにできひんくせに。都会育ちでノミに食われたこともないくせに。よその家の食べもん勝手に恵んで、人助けか?」と冷たく言い放つ静子。すみれは何も答えらず、うつむくだけ。


この記事の画像

「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像1 「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像2 「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像3 「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像4
「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像5 「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像6 「お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

芳根京子のプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芳根京子」に関する記事

「芳根京子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芳根京子」の記事

次に読みたい「芳根京子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク