警察の姿勢変え…「川崎ハロウィン」12万人規模に成長した理由

警察の姿勢変え…「川崎ハロウィン」12万人規模に成長した理由

警察の姿勢変え…「川崎ハロウィン」12万人規模に成長した理由の画像はこちら >>



’14年には市場経済効果が1,100億円を超え、バレンタインを抜く国民的イベントに“化けていた”ハロウィン。今では10月に入った途端、街はおばけカボチャのオブジェで埋めつくされ、月末には仮装した人が街にあふれるのが日本の秋の風物詩となっている。



もともとハロウィンは古代ケルト人の収穫祭と悪魔払いの祭り。10月31日は彼らにとって大みそかのような特別な日で、魔女がやってきたときに、仲間と思わせて魂を取られないために仮装する。



日本では’80年代初めにキデイランド原宿店で仮装パーティが行われ、’97年からは神奈川県川崎市でパレード、そして東京ディズニーランドでイベントがスタートし、徐々に浸透していった。



「われわれが『カワサキ ハロウィン』を立ち上げた20年前には、商店街や企業を回っても、『ハロウィンって何ですか?』という感じでした。まさか、こんな大きなお祭りになるとは……」



そう語るのは、「カワサキ ハロウィン」の総合プロデュースを行うチッタエンタテインメント・プロモーション本部長で、カワハロの1回目から関わってきた土岐一利さん(53)。そもそもカワハロのきっかけは、シネマコンプレックス(※複合映画館)・チネチッタの10周年記念で、「何かイベントをやろう」ということだった。



「そこで出たアイデアの1つがハロウィンでした。映画興行では秋は大作も少なく、手薄になりがちだったので、最初はホラー映画特集でもやろうと考えていました。そこに、ちょうどレイブははやっていて、2つを結びつけたらおもしろいのではとなったんです」(土岐さん・以下同)


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。