チャン・グンソク、ゾンビを操る!TEAM H熱狂公演リポート

チャン・グンソク、ゾンビを操る!TEAM H熱狂公演リポート
       

チャン・グンソク、ゾンビを操る!TEAM H熱狂公演リポートの画像はこちら >>


(C)FRAU INTERNATIONAL



10月12日に発売したNEWアルバム『Monologue』をひっさげて、16日の大阪城ホール公演で幕をあけた≪TEAM H PARTY 2016 -Monologue-≫が27日に熱狂の渦の中、ファイナル公演を迎えた。公演ロゴがプリントされた黒幕が振り落され、2人の姿が現れた瞬間、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。発表したばかりのアルバム曲を中心にしながらも、これまでの楽曲も絶妙に織り交ぜた構成で序盤から“これがTEAM Hだ”という圧巻のパフォーマンスで会場を盛り上げた。


チャン・グンソク、ゾンビを操る!TEAM H熱狂公演リポート


TEAM Hといえば、センターステージというのがこれまでお決まりになっていたが、今回はそのステージ構成そのものから変えてきた彼ら。エンドステージからまっすぐ伸びる花道の先にあるサブステージ、さらにそこから左右に伸びる花道の先にもそれぞれサブステージが組まれており、少しでもファンの近くでパフォーマンスをしようという彼らの思いが伝わる。ライブでは「ただひたすらにファンと遊ぶ」ということをコンセプトにしてきたが、デビューから5年。今回のライブでは“音楽”で遊ぶだけではなく、聴かせる・魅せるといったこだわりも随所に感じられた。



アルバムのリード曲である『Like a zombie』ではゾンビに扮したダンサー達をグンソクが自在に操るような演出で曲の世界観を見事に表現して会場を沸かせた。途中いくつかのブレイク映像を除き、ほぼノンストップで17曲を披露。『Yoga fire』ではダンサーを従えて、初の本格的なダンスパフォーマンスを見せた。続く『WOW』は今回のライブの最大の盛り上がり曲となっており、WOW~WOW~という掛け声に合わせた振付けをファン達も一緒になって盛り上げる。その後ブレイク映像を挟んだ後は、一転しっとりとした演出でメロディアスなナンバー、『I feel you』を聴かせた。


女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月31日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。