ピコ太郎 誕生のきっかけは「R-1ぐらんぷり」の話題作り

ピコ太郎 誕生のきっかけは「R-1ぐらんぷり」の話題作り
拡大する(全1枚)

ピコ太郎 誕生のきっかけは「R-1ぐらんぷり」の話題作りの画像はこちら >>



12月4日、テレビ朝日系「あるある議事堂」(土曜・深夜2時15分~)でお笑いコンビ・X-GUNの西尾季隆(46)がピコ太郎の誕生秘話を語った。



番組には、世界中で大ブームとなったピコ太郎が羨ましい「ボキャブラ芸人」4人が出演。「ボキャブラ芸人」とは、90年代の大人気番組「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)に出演していた芸人のこと。その中には現在活躍している「爆笑問題」「くりぃむしちゅー」「ネプチューン」、そして、ピコ太郎のプロデューサー古坂大魔王(43)がいた。西尾は「ピコ太郎ブームは正直死ぬほど悔しい!!」として、次のように話した。



「古坂とボクはデビューのときから友達で。家も近所で、しょっちゅう遊びに行っていたんです。ボキャブラ時代は『ようやく一緒に売れたね!』みたいな話をして、(「ボキャブラ天国」が終了して仕事も減り)ダメになったときも『にしやん(西尾のこと)どうすんの?40歳過ぎて50歳になって……これからどうする?』というような話を2、3年前までしてたんですよ。そんな話をしてたのにバーンと売れて。あれ(「PPAP」)は(古坂が)『R-1ぐらんぷり』に出るためのきっかけとして作っただけで。話題になればいいなと。それが、ジャスティン・ビーバーのおかげで億は稼いでいるでしょう」



ピコ太郎の世界的大ヒットを受け、西尾は独自にピコ太郎の総利益を算出してみたという。



「1回、YouTubeで再生されると0.1~0.5円が入ると。ボクが調べたときは2億回(再生)ぐらいだったので2,000万円。そして、いろいろな関連のものもありますので。『PPAP CAFÉ』も腹が立ちすぎて見に行きました。(そしたら)入ってる、人が!」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「爆笑問題」に関する記事

「爆笑問題」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「爆笑問題」の記事

次に読みたい「爆笑問題」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク