上野千鶴子さんに教わる「おひとりさまの在宅死」に必要なこと

上野千鶴子さんに教わる「おひとりさまの在宅死」に必要なこと

上野千鶴子さんに教わる「おひとりさまの在宅死」に必要なことの画像はこちら >>



「昨年4月から施行された『医療・介護一括法』は、退院したら転院ではなく、自宅での療養をうながしています。今までは病棟の医師や看護師に訪問医療の知識がなく、連携がうまくいっていなかったのですが、今後は病院で治療後に地域の訪問医にみてもらうという流れが加速します」



そう語るのは「在宅ひとり死」を推進する社会学者の上野千鶴子さん(68)。たとえまだ夫が元気でも、必ずどちらかは先に死ぬし、おひとりさまになる可能性は誰にでもある。そうなっても家で死ぬことは可能だと上野さんは説く。



「これまでは『最期はどうするのか』について話し合うこと自体が敬遠されがちでしたが、元気なうちから『どう死ぬのか』について話し合っておくことが大切です。治療方針をめぐって意見の食い違いが起こるのは、親子間でのコミュニケーションが圧倒的に不足しているからです。終末期の医療についての書面や事前指示書などは必要ありません。自分の意思を伝えることができなくなった場合に備えてふだんから親子の間でコミュニケーションをとっておけば、問題は起きません」



「在宅ひとり死」のためには4つの力が必要だと上野さんはいう。1つずつ解説してもらった。



【おひとりさま力】



「まず自分自身が『最期まで家にいたい』という強い意志を持つことです。私が『おひとりさまの最期』(朝日新聞出版)を書いたのは、ひとりで死んだら『孤独死』といわれることに『大きなお世話』と言いたかったから。ひとり死を阻む抵抗勢力のひとつが家族です。子どもは『老親をひとりにはしておけない』『親は必ず看取らねばならない』と思いがちですが、高齢者の『ゆっくり死』には時間がかかりますし、たとえ死に目に会えなくてもお別れの機会はたくさんあります。そして、結婚していても夫が先に死ぬほうが多いんですから、シングルライフを最期まで謳歌すればいいんです。そのためには高齢期になったら、都市機能が発達した便利なところに住むのがベスト」


当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「介護」に関する記事

「介護」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「介護」の記事

次に読みたい「介護」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。