高安 強さの秘訣は豚の丸焼き!フィリピン人母が語る仰天食育

高安 強さの秘訣は豚の丸焼き!フィリピン人母が語る仰天食育
拡大する(全1枚)

高安 強さの秘訣は豚の丸焼き!フィリピン人母が語る仰天食育の画像はこちら >>



「大関になって、もう、うれしい気持ちでいっぱい!よく頑張ったよねえって、毎日思っているよ!」と言って明るく笑うのは新大関・高安(27)の母・ビビリダさん(56)。5月28日、都内のホテルで行われた田子ノ浦部屋の5月場所千秋楽パーティ後のことだ。



「息子を応援するために、自分で並んで2階席のチケットを買ったのよ。今はね、チケットもすぐに売りきれちゃって、買うのがとても大変」



大関に昇進し、5月場所の盛り上がりに貢献した高安。茨城県土浦市で長く高安親子と交流があった地元商店街の店主は「じつはお母さんのビビリタさんも、地元ではとても有名人でした」と語る。ビビリダさんは06年に閉店するまで約20年間、土浦市のショッピングモールの中で『サロサロ』という名のフィリピンレストラン兼パブを経営していた。



「ビビリダさんがやっていた『サロサロ』は、50人以上が入れる大きなお店で、相当に繁盛していたんですよ。日本にやってきたフィリピン人女性の中でも、成功者ですね。地元だけでなく、東京に住むフィリピン出身者からもうらやましがられている本当に有名人だったんです」(前出・地元商店街の店主)



そんな母に育てられた高安少年は野球に打ち込み小学校時代はリトルリーグ、中学では学校の野球部で活躍していた。父は昼間は雑貨商をしていて夜は母の店の手伝いをしていた。5歳上の兄も部活で忙しく、練習でヘトヘトになった高安少年が家に帰っても誰もいなかった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク