相次ぐ社会保険“値上げ”ラッシュ…専門家が具体策を提示

相次ぐ社会保険“値上げ”ラッシュ…専門家が具体策を提示
拡大する(全1枚)

相次ぐ社会保険“値上げ”ラッシュ…専門家が具体策を提示の画像はこちら >>



8月から、収入に応じて介護保険料の負担が変わる『総報酬割』制度が始まる。この制度が'20年度に全面導入されると、40歳から60歳では、公務員が加入する共済組合の保険料負担は、一人あたり平均1,972円増加し、7,097円に。大企業社員などが加入する健保組合は平均727円増加し、5,852円。中小企業などの協会けんぽは減額に。平均241円減って4,043円になる。'20年度の全面導入に向け、この8月から、大手企業の会社員は一人あたり月額平均200円以上の負担増になる見通しだ。



それだけではない。この8月から、高額療養費制度も変更され限度額が引き上げに。さらに今年9月には、厚生年金の保険料率も引き上げられる。月収30万円の場合、月354円支払い額が増える計算だ。また、国民年金保険料も今後値上りする可能性があるという。



相次ぐ社会保険料の値上げラッシュ、年金の受取額も見込めなくなる将来……。働き続けるしか打つ手はないのだろうか?そこで、専門家が具体策を挙げてくれた。



「国民年金保険料に関しては、現金払いで1年分『前払い』すると平均で年3,510円、2年分なら1万4,400円の割引になります。今年4月から2年前納も含めクレジットカード払いも可能になりました。割引率は少し下がりますがカードにポイントが付きますから、還元率と割引率を比較してみてください」



そう“対策”を教えてくれたのは、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さん。風呂内さんは、負担が増える社会保険費についてもこうアドバイスする。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク