“事故多発機”があなたの頭上に!「オスプレイ」全国飛行マップ(後編)

“事故多発機”があなたの頭上に!「オスプレイ」全国飛行マップ(後編)


(写真提供:「横田基地の撤去を求める西多摩の会」)



日本の上空を、なぜ米軍は、飛行ルートも通知せず、これほど好き勝手に飛び回ることができるのか。前出の矢部さんは、その理由を、「在日米軍は、日本の航空法を守らなくていいからだ」と指摘する。



日本の航空法(施行規約第174条)には、人口密集地では高度300メートル以上、その他の地域では高度150メートル以上での飛行するよう定めている。にもかかわらず、前出の環境レビュー(前編参照)付属文書には、オスプレイの昼間の低空飛行高度は約60メートルで行うと記載されているのだ。



「米軍が日本の航空法を守らなくてよい根拠は、日本が戦後、アメリカと締結した新日米安全保障条約の裏で、日本に不利な“日米地位協定”を結ばされたからです。この協定の第2条1項によって、事実上、米軍は日本国内のどこの基地にでも配備でき、その基地を拠点に自由に軍事行動(戦争や演習)ができます。逆に、東京の横田基地上空(一都8県)には、在日米軍が管轄する広大な専用空域があり、首都圏では日本の民間機が自由な飛行を制約されているのです」(矢部宏治さん)



さらに深刻なのは、事故が起きた場合だ。事故現場の処理がすべて終わるまで、日本側の関係者は誰も立ち入れないのだという(※2)。



「04年に米軍のヘリが沖縄国際大学に墜落したときも、墜落現場の周辺は米軍が黄色いロープを張って立ち入りを規制。知事も市長も外務官僚も入ることができず、米軍の許可が出たときのみ日本の警察が入れる程度。事故原因の究明に必要な証拠物は、米軍の財産ということで、すべて米軍が持ち帰り、日本側に手渡されることはありませんでした」(矢部さん)


あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2017年9月14日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら