“貧困いじめ”から救う…文京区「こども宅食」現場をルポ

“貧困いじめ”から救う…文京区「こども宅食」現場をルポ
拡大する(全1枚)

“貧困いじめ”から救う…文京区「こども宅食」現場をルポの画像はこちら >>



「届けたお菓子やジュースを見たお母さんは、息子さんの肩を抱き寄せて『これでお友達呼べるね』って。その目は涙ぐんで見えました」



こう話すのは貧困世帯の子どもに直接食品を届ける全国初の試み「こども宅食」で、配送を担当したココネットの友定由生子さん。



東京都文京区と認定NPO法人フローレンス、NPO法人キッズドアなどの協働で始まった、こども宅食。食品は多くの協賛企業が提供、運営資金はふるさと納税でまかなわれている。1回目の配送は10月。米や調味料、お菓子などの食品が、文京区内の150の貧困世帯に届けられた。



「お子さんたちは友達の家で遊ぶことも多いそうなんですが、よそのお宅では必ずおやつが出るんだとか。でも、食費を切り詰めていた利用者さんの家では、その余裕はなくて。息子さんはこれまで、友達を家に呼ぶことができなかったそうです」(友定さん)



一般的な宅配便などと違い、友定さんが所属するココネットでは、高齢者宅に食材を届けながら見守る、というサービスも手がけてきた。こども宅食では配送スタッフが各家庭の状況を観察し、コミュニケーションを図って悩みをすくい上げる役割もある。全体の調整役を担うフローレンスの廣田達宣さんは言う。



「困窮した現状を周囲に知られたくないという親御さんが多く、子どもの貧困は実態がとても見えにくい。でも、こども宅食では利用者のお母さんと私たち事務局がLINEでもつながっています。悩み事を行政に橋渡しできるのです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク