すっぱいミカンを美味しく変える秘技を農家で教わった

すっぱいミカンを美味しく変える秘技を農家で教わった
「エルメス」と「ミカン」は、王者の色!?

 「ミカン」の季節になりました。エルメス色に輝く「温州みかん(=ミカン)」は、日本原産の柑橘類。言わずもがな、海外生まれのオレンジにはないコクと旨みが自慢です。

 しかし、あまりにメジャー過ぎて、敬遠していませんか? 実はこのミカン、食べなきゃ損するほどの実力派フルーツ。冬場の美容・健康を考える上で、絶対に外せないスター選手だったのです。

 そこで今回は、「ミカン」の魅力と、美味しい食べ方についてご紹介したいと思います。

◆ミカン農家は口内炎知らず!?

 美味しいミカンを求めて伺ったのは、湯河原で古くからミカン作りを営む「飛田柑橘園」。温暖な相模湾に面し、日当たりの良い段々畑で獲れるミカンは、誰もが喜ぶ格別の味です。

 そもそもミカンは、非常に優れた美容フルーツで、豊富に含まれる「ビタミンA」と「ビタミンC」が、美肌と丈夫な皮膚作りをサポート。論より証拠、オーナーの飛田泰典さんは、毎日10個以上のミカンを食べているせいか、吹き出物ゼロ、久しく口内炎で悩んだこともないんだとか。

 こんなことを聞くと、是非とも毎日食べ続けたくなりますが、世の中すべて、美味しいミカンばかりではありません。味が薄い、酸っぱい等、そんな問題児を美味しくするための秘技を教えてもらいました。

◆「貯蔵」するとウマくなる!

 ズバリ、「低温貯蔵」が美味しさを生み出すというのです。湯河原で作られる代表的なミカン「大津みかん」は、収穫後に冷暗貯蔵庫で2週間寝かされ、余分な酸味が抜かれて濃厚な果肉へと生まれ変わります。実はこの手法、家庭でも実践することができるんだとか。玄関などの涼しくて、比較的暗い場所にミカンを並べて置いておくだけで、美味しいミカンに大変身するというのです。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月3日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。