いま小劇場に、注目のアラサー女性作家がゾクゾク登場

いま小劇場に、注目のアラサー女性作家がゾクゾク登場
 小劇場というジャンルがあります。200人ほどしか入れないようなサイズの劇場で開催される演劇公演。とはいえ、今や売れっ子作家の宮藤官九郎やTVドラマで良い味を出す俳優を生み出す土壌になってるんですね。なんて言ったって舞台はテレビなんかより規制なく自由にやりたいことができるから、爆発的に面白い可能性があるんですよね!(めっちゃつまんない可能性もありつつも)

◆11~12月に有望作家3人の公演が

 そんな小劇場では、アラサー女性劇作家が描く舞台が評価されて、面白くなっています。演劇界の芥川賞と呼ばれる岸田國士戯曲賞を2009年に本谷有希子が受賞してから、アラサー女性作家が最終選考に残ることが多くなってきた。

 女性であるだけで恋愛モノを書けば、こじらせ女子っぽかったり、プライベートを切り売りしているように見えたりするってスキャンダラスな感じだけでなく、男では描けない世界があることが発見されたんですね。

 去年に至っては今までになく8人中に3人が女性作家が最終選考に残ることになりました。その三人、長田育恵(てがみ座)、瀬戸山美咲(ミナモザ)、西尾佳織(鳥公園)の手がける公演が11月~12月に続々と上演されるのでこれはチェックです。

◆大阪を拠点にしたサリngROCK

 演劇は東京と他の地域ではゼロの数が違うくらい規模に差がある中で、大阪を拠点にした小劇団、突劇金魚(とつげききんぎょ)の劇作家であるサリngROCK(さりんぐろっく)も2013年に第57回岸田國士戯曲賞最終候補に残ることで、その特異な名前を小劇場界隈で注目されました。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月8日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。