過激シーンで失神者も!? 女だけの日活ロマンポルノ上映会の濃密な夜

過激シーンで失神者も!? 女だけの日活ロマンポルノ上映会の濃密な夜
 今年の5月にその復活が発表されたことで再び注目を集めている「日活ロマンポルノ」。先日、女性限定でその初期作品を鑑賞するイベント、「TOmagazine企画 ~iroha夜の女学院~」が西麻布の「音楽実験室 新世界」で開催された。

 毎号、東京23区のうちの一区を取り上げ、編集長が自らそこに一定期間暮らしながら編集するという“ハイパーローカール”な雑誌『TO magazine』が主催し、女性のセルフプレジャー・アイテムのブランド「iroha」が協賛する同イベントは、「女性の性を教養として嗜むこと」を目的に今年の3月に“開講”され、今回が2回目となる。

 講師を務めたのは、前回に引き続き、カルチャーからジェンダーまで幅広い分野の論客として知られる著述家の湯山玲子氏(『男をこじらせる前に男がリアルにツラい時代の処方箋』/角川書店 他)。

 今回の上映作品である、団鬼六作、名女優・谷ナオミ主演の『夕顔夫人』(1976年)も、湯山氏によるセレクションだ。同作は、「縄」「縛り」「恥羞」といった日本の耽美的なSMの様式を確立した傑作小説を映画化したものとして知られている。

===あらすじ===

 大学を中退し自堕落な生活を送る男・木崎(鶴岡修)は、友人である金持ちの御曹司・堀口(中丸信)から婚約者だとして、美人な女性・由利子(宮井えりな)を紹介される。由利子は、木崎が憧れを抱く、谷ナオミ演じる華道の家元・島原夢路の妹だった。夢路への劣情を募らせた木崎は、ある日、由利子を騙して犯してしまう。そして、ついに夢路もその魔の手にかけ、家元の座を狙う夢路の弟子・和江(渡辺とく子)とともに、山奥の“調教小屋”で美人姉妹を恥辱の極致へと陥れる――。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2015年7月10日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。