女がセフレ男に冷める瞬間。「また金曜夜にLINE…?」

女がセフレ男に冷める瞬間。「また金曜夜にLINE…?」
セフレ(=エッチを楽しむことを目的とした関係)こそ、「親しき中にも礼儀あり」です! セフレだからといって、都合のいい物のように扱われるのはウンザリ。今回は、こんな男はセフレにしたくないという例をご紹介します。

(コンテンツ提供/JION、人気イラストレーターりゃんよさんとのコラボ企画第二弾)

◆こんなセフレ男は嫌だ!

◆毎週金曜の夜に連絡してくる男

 本命でもないのに、毎週のように休日前の金曜日や土曜日に連絡してくる男の人には正直引きます!

 それが別にモテないわけでもない男性なら、合コンで女の子が釣れなかったらこの子に連絡しようと決めていたり、寂しくなって片っ端からLINEに登録している女子に連絡してるんだな、と思っちゃいますよね。

◆前戯もなくやろうとする男

 会うことになり、どちらかの家orホテルに到着。ドアに入るなりすぐベットに……というのはあまりにも色気がなさすぎます。(そういう「玄関でも、もう待てない!!」みたいなシチュエーションを楽しむ場合では別ですが……)

 いきなりキスして、荒っぽい前戯をぶちかます男性もいますが、女子はエッチまでの流れを楽しみたい生き物なので、部屋でお酒を飲んで会話をしたり、音楽をかけたり……最低限のムード作りには付き合ってほしいものです。

◆コトが終わったら、さっさと帰る男

 やることをやったら、すぐにシャワーを浴びて洋服を着だす人がいますが、それではムードもへったくれもないです! 朝まで一緒にいる必要はないですが、最低でも30分~1時間はゴロゴロしながらスキンシップをしたり、ピロートークをしてほしい。

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2016年6月3日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。