ブランド乱立の国産豚をよそに、カナダポークがすごく伸びている理由

ブランド乱立の国産豚をよそに、カナダポークがすごく伸びている理由
写真提供:カナダポーク・インターナショナル
<フードクリエーター 畑井貴晶>

 豚肉はいろいろありすぎます。

 銘柄なのか、種類なのかも定かではなく、非常にわかりにくいんじゃないかと思います。

◆豚の名前がゴチャゴチャで意味がわからない!

 牛肉は、和牛と輸入牛が大きくちがうのでそこで一区切りつきます。和牛のほとんどは純粋種ですから、それもわかりやすい。対して豚肉は、和豚の区分けが明瞭ではないというか、そもそも和豚という言い方自体が流通していません。

 ためしに検索してみると、「和豚」は「和豚もちぶた」とセットで出てきて、「もちぶた」はもちもちして美味しい豚というのがおおよその定義のようなのですが、外国産でも「もちぶた」は使っています。

 以下に整理してみると、

●もちぶた

品種や肥育法ではなく、肉質がもっちりとしてきめの細かい良質の豚肉を指す名称。出荷量はもっとも多いもの。品質を指す言葉なので、外国産のもちぶたもあります。

●黒豚

黒毛和牛と同期するようにややリードしているのが「黒豚」です。鹿児島や沖縄で育てられた、種としては純粋バークシャー種同士の交配から生まれた豚のことですが、その種を指しているのでカナダ産の黒豚があったりします。

●三元豚

三種の純粋種を交配させた、それぞれの長所を引き出すように作られている一代限りの交雑種。もっとも多く生産されているのはランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種の掛け合わせ。近年、黒豚のバークシャー種や金華豚などを交配させた三元豚も見かけるようになりました。...続きを読む

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2017年5月31日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。