不妊治療ブームなのに、成功率は世界ワーストの日本。頼りすぎは危ない

 本書を監修してくださった医師の黒田優佳子先生も卵子凍結には否定的です。凍結卵子を使って体外受精しても、「妊娠・出産する確率は1%あるかないか」だとおっしゃっていました。

――本には、黒田先生が考案した「人工卵管法」という、新しい体外受精法が紹介されていますが、どんな技術なんですか?

草薙:黒田先生のご説明では、人工卵管法とは卵管型の細い流路を作って、そこにハイグレードな精子をきちんと選んで、何匹か入れて、自然に泳がせて受精させる方法です。

 顕微授精のように、人間があいまいな基準で一匹の精子を選んで、卵子に針で注入するのと比べて、人工卵管法はリスクが低いということです。精子が自力で競争して受精するわけですから。

――それは黒田先生のクリニックに行かないとできない?

草薙:現在はそうかもしれませんが、今後、広げていこうと考えておられるようです。黒田先生自身が、今の生殖医療に疑問をもっていらっしゃるので。

◆リスクもきちんと説明するクリニックを選ぼう

――将来、不妊治療をするなら、どうやってクリニック選びをしたらいいんでしょうか?

草薙:まずは、クリニックが発表している「妊娠率」にまどわされないこと。妊娠率は各夫婦の事情で決まるので、クリニックの妊娠率が高くても関係ありません。

 そしてリスクも含めてきちんと説明してくれるかどうか。「卵子凍結がいいですよ」、「顕微授精がいいですよ」などと言われたら、きちんとリスクも聞いてみてください。

あわせて読みたい

気になるキーワード

女子SPA!の記事をもっと見る 2017年7月10日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シングルマザー」のニュース

次に読みたい関連記事「シングルマザー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。