不妊治療ブームなのに、成功率は世界ワーストの日本。頼りすぎは危ない

 やみくもに「生殖医療っていいですよ、安全ですよ、みんなやってますから」と、魔法のように言うクリニックが多いのです。そういったクリニックの場合は、色々と質問をして確かめてみることが大事だと思います。

――本当に難しいですね。では、子どもが欲しかったら「いずれ不妊治療すればいいや」って思わないで、若いうちに自力で作ろうとしたほうがいいんでしょうか。

草薙:それは各自の選択ですよね。リスクのある生殖医療を使ってでも子どもが欲しいかどうかをまず考えること。知識がないと選択ができませんから、みなさんにはきちんとした知識を身につけて欲しいのです。

=========================

 正直、私も将来的に子どもが欲しくなったとき、自然に授からなければ、安易に不妊治療に頼っていたかもしれません。今回の話を伺って、本当に知識不足、情報不足だったなと恐ろしくなりました。

 命は一度誕生してしまえば後戻りができません。草薙さんと同じく、一人でも多くの女性が正しい知識を得られるようになって欲しいと思いました。

(※1)「第15回出生動向基本調査」国立社会保障・人口問題研究所、2015年

(※2)AMH=卵胞の周りの細胞から分泌される「抗ミュラー管ホルモン」の血中濃度を測ることで、卵巣に残っている卵子数を推測する

【草薙厚子さん】

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。元法務省東京少年鑑別所法務教官。著書に『少年A矯正2500日全記録』『子どもが壊れる家』『本当は怖い不妊治療』などがある。

―本当は怖い不妊治療 vol.3―

<TEXT/庄司ライカ、女子SPA!編集部>

あわせて読みたい

気になるキーワード

女子SPA!の記事をもっと見る 2017年7月10日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シングルマザー」のニュース

次に読みたい関連記事「シングルマザー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。