シルベスター・スタローンのセクハラ疑惑に、元妻が「ありえない」と潔白主張

シルベスター・スタローンのセクハラ疑惑に、元妻が「ありえない」と潔白主張
シルベスター・スタローン
 大物プロデューサーやベテラン俳優らによるセクハラ疑惑に揺れるハリウッドで、日本でも人気の映画『ロッキー』シリーズでおなじみのシルベスター・スタローンにも性的暴行疑惑が浮上している。しかし、このスタローンに対する疑惑について、意外な人物から擁護の声があがった。元妻である女優ブリジット・ニールセンが、スタローンを擁護するコメントを発表したのだ。

 スタローンは、1986年にラスベガスで当時16歳であった少女に性的暴行をはたらいたという疑いがもたれている。しかし、ブリジットは当時スタローンのそばを離れることはなかったため、暴行をはたらくなど不可能だったはずだとの考えを示している。

 スタローンは映画『オーバー・ザ・トップ』の撮影中であった当時、ボディーガードであったマイケル・ドゥ・ルカと共に、匿名のその女性に性行為を強要したとされている。しかし、1985年12月に挙式した当時の妻ブリジットは、2人が「べったり」だったためそのような事件は起こらなかったとしている。

 挙式から1年7か月で破局に至っている2人だが、ブリジットはTMZに対しこう語る。

「1986年の夏と言えば私たちが新婚だった頃よ。『オーバー・ザ・トップ』をラスベガスで撮影していた頃、私とシルベスターは四六時中一緒だった。その女性の話では、撮影中の夜8時半ごろに私たちの滞在していたヒルトン・ホテルのスイートにいたと言っているわ」

「そんなことはなかった。私は毎日、彼の撮影をほとんど見に行って、その後ディナーを一緒に食べに行って、部屋に帰るという生活だったの。私たちの部屋には私と彼以外誰もいなかったわ」...続きを読む

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2017年11月22日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。