エロティックの次はホラー。主演女優が語る「ひどい精神状態になった」

エロティックの次はホラー。主演女優が語る「ひどい精神状態になった」
ダコタ・ジョンソン
 世界中の女性たちを夢中にさせた官能映画『フィフティ・シェイズ』シリーズでおなじみの女優ダコタ・ジョンソン(28)が、同シリーズ最終章でのセックスシーンの裏話や、ホラー映画撮影後にセラピーを受けたことなどを明らかにした。

 日本で公開時「決して、ひとりでは見ないでください」というキャッチフレーズで話題となったダリオ・アルジェント監督によるホラー映画『サスペリア』(1977年)。同映画のリメイク版『サスペリア』に出演したダコタが演じるのは、主役のアメリカ人バレエダンサー、スージーだ。

 スージーは念願のドイツのあるバレエ名門校に受かるも、街に潜む魔女たちの邪悪な力によって、校内で次々と恐怖の出来事に巻き込まれる。

 今回Elle.comのインタビューに応じたダコタは、「『サスペリア』、冗談じゃなく、私ひどい状態になってセラピーに行くはめになったわ」と振り返っている。

 そして自身の出世作となった「フィフティ・シェイズ」シリーズの最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』にて、ジェイミー・ドーナン演じる夫クリスチャン・グレイとのセックスシーンの裏話についてもダコタは明かしている。

「私はストラップなしの下着を体にくっつけていたの」

「いわゆる接着剤でではないけど、それがベタベタしてて。何ていうか、乳首を隠すためのパッチみたいなものだけど、下着なのよ」

「全体じゃなく先だけに剤が付いているのね。それだから粘着力もなくなると、取れてくるのよ。だから落ちないように強力な接着剤に変えて。2つ付けていたの」...続きを読む

あわせて読みたい

女子SPA!の記事をもっと見る 2018年4月17日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。